墓じまいをしたら散骨はするのか

PR|松原で家族葬・葬儀なら|

墓じまいをする時には散骨のしなければならないのかといえば確実にそうというわけではないです。つまりは、遺骨に関しては別にどこかに捨てるというような形で自然に返すことが多かったりはするのですが別にそれが義務というわけではありませんし、きちんと処理をしているのであれば問題なく自分で持っているということが許されているものでもあります。

骨壷に入れて自宅に保管していくということも一つの選択肢としてあることを覚えておきましょう。しかし散骨をするということがそれなりに人気になっているのも確かです。私の周りでも、和歌山に住む海好きの叔父が散骨を希望しています。叔父は大阪の遺品整理業者に生前整理も 既に 頼んだそうです。

海などにばら撒く、と言う事が人気なのですが、その時に不安になるのが骨はまいても大丈夫なのだろうかということでしょう。埋葬するということになりますと当然ですが許可が必要になります。自分の墓に入れる場合においても必ず役所に届け出を出さないといけないということになっていますから骨というのは実はそれなりに処理するのが面倒なものでもあるのです。

ですが散骨というのは特に許可が必要ないことも多く自治体によっては明確に不要ですとしているところもあります。但し、当然、骨をそのままばら撒くということは駄目です。あくまで粉骨の状態で捨てるということになります。捨てるという表現が良いのかどうかということはともかくとしてやることは骨を自然の中にばらまくということになりますので、要するに廃棄する、と言う事になりのます。

行為としてはそういうやり方になるわけですが自然に返すということに関して死生観にそれなりに合致するという人も多く、昔からこういうやり方は人気ではありました。山でも川でも海でもいいのですが山には所有者がいたり、川にも権利があったりしますので無難なのは海の沖で散骨をするということでしょう。

山はとにかく揉めやすいのであまりお勧めできるところではないです。自分の山ならよいのですが、どんなに山奥にいっても所有者がいる場合は不法投棄をしていることになりますから注意しておきましょう。

PR|新築一戸建てを建てる時に読むサイト|ダイエットチャレンジ100日|注文住宅のための用語集|会社経営に必要な知恵袋|英会話ノウハウ勉強会|健康マニアによる無病ライフ|生命保険の選び方|英語上達の秘訣|