散骨をして故人の思い通りの供養ができた

私は散骨は立派な供養になると思っています。遺族がお墓にしたがっていても亡くなった人が散骨を希望していたことが分かったのならば散骨にした方がいいです。やはり故人の思いを一番重視するのが供養の基本だと感じています。私は故人の意向に沿って山に散骨をしました。故人の思い通りの供養ができたので散骨をして心底良かったと実感できました。親族が勝手にお墓を選ぶのではなくて故人の気持ちを考えて供養をするのが基本です。お墓をきちんと管理するためには頻繁に掃除に行く必要があります。お墓を管理する時間がない人がお墓を選ぶことは無謀です。適当な気持ちでお墓で供養することを選ぶことはオススメできないです。やはり仕事が忙しい人は散骨にすることがベストです。しかし、散骨だからといって手間がまったくかからないわけではないです。初めて散骨をする人がやり方を知らなくて手間取ることはありがちです。本などで調べて散骨をすれば正しく供養できます。