現代でも残っている死者を弔う儀式「洗骨」

沖縄では古くは全土で風習とされていた洗骨ですが、今でも一部の地域では残っている風習と言われており、海外でも東南アジアなどの国では今でも残っている文化です。死者を棺に入れ、3年程度経過した後、白骨化した遺体を取り出して水や焼酎などで、骨を洗い清めるという監修ですが、これには死者の魂をあの世へ送り出すという儀式の意味がありました。遺体の段階では死者は穢れているものとされており、骨を洗い清めることで魂が清められあの世へと導かれるという考えによるものですが、ここでは男性や女性の役割が決まっており、男性が棺を掘り起こし、そこからは女性が洗骨の役目を引き受けることになります。遺体はほぼ白骨化していますが、残っている皮膚などを取り除き、丁寧に骨を洗っていきます。基本的に女性の負担が大きい作業であり、近年では差別的を考えを否定する考えからか、この風習は少なくなってきてはいるものの、未だに根強く残っている文化として知られています。