お墓を引越しする場合について

故郷のお墓が遠く管理が難しい場合、お墓の引越しを検討される人が多くなっています。お墓を引っ越す際の費用においては、まず、現在のお墓の撤去費用として10万円から30万円程度必要になります。また、閉眼供養(魂抜き)のお布施として、1万円から3万円程度、包む必要があります。次に新しいお墓の費用として、永代使用料数十万円と年間数千円の管理費、墓石費用100万円以上が必要になります。また、この時も開眼供養(魂入れ)のお布施として1万円から3万円程度、包む必要があります。
こうした費用のほか、お墓を引っ越す際には、細かな手続きも必要となります。まず、お墓の移転先が決まれば、次に市町村に「改葬許可申請書」を提出し、許可を得ることになります。申請する際は、現在のお墓の管理者から「埋葬・埋蔵証明書」を受け取り、新しいお墓の管理者から「墓地使用許可証」または「受入証明書」を発行してもらいます。そして、「改葬許可申請書」とともに、現在お墓のある市町村に提出する流れとなります。その際、遠方の場合などは郵便でも可能となります。その後、改葬許可証明書」が発行されれば、手続きは完了し、お墓を引っ越すことが可能となります。